日本弁理士会ラジオ

ON AIR情報

第8回 10月19日放送

弁理士ラジオ 弁理士会マスコットキャラ はっぴょん

出演 弁理士:矢野浩太郎先生 進行:富山幸代

お手軽な権利の実用新案権。似たものを見つけたらどうすればよいでしょうか?

権利行使には実用新案技術評価書が必要です

実用新案権の行使にはリスクが伴います。じっくりと対策を練る必要がありますので、弁理士にご相談ください。

ラジオトーク

富山

日本弁理士会プレゼンツ「こちら知的財産相談室」の時間です。
みなさん、こんにちは。進行役の富山幸代です。
この番組は、普段あまり聞き慣れない「弁理士」という仕事について紹介しながら、知的財産に纏わる(まつわる)事柄を相談できる人が身近にいるといかに心強いか、これを弁理士の方への相談を通して、理解を深めていく番組です。
今週の番組の回答者は日本弁理士会広報センターの矢野浩太郎さんです。

矢野

こんにちは。日本弁理士会広報センターのこんにちは。日本弁理士会広報センターの矢野浩太郎と申します。

矢野

矢野さんこんにちは。どうぞよろしくお願いします。
矢野さん、前回、実用新案について教えていただきました。今日は改めてもう一度、実用新案について簡単に教えて頂いてよろしいでしょうか?

矢野

はい、実用新案とは、ざっくりと一言で言ってしまえば、「ちょっとした発明」ということになります。発明というレベルまではいかないものの、何か新しい特徴を作り出したのであればそれが実用新案ということになります。

富山

実用新案は「ちょっとした発明」ということでお手軽な権利ということだったんですけど、そのお手軽な分、実用新案には似たようなものが生まれやすく誰でも思いつくことが出来てしまうのではないでしょうか?

矢野

はい、その可能性は大変高いと言えると思います。

富山

では、似たものを見つけた時、どうしたら良いのでしょうか?

矢野

そうですね、例えば富山さんが似たようなもの、、実用新案権者だった場合、この似たようなものを売るのをやめさせたいと思いますよね?

富山

はい、思います。

矢野

そのように実用新案権を使って似たものを排除しようとする場合、「実用新案技術評価書」というものを特許庁に対して請求することになります。

富山

実用新案技術評価書、、でしょうか?

矢野

そうですね、大変ちょっと長い名前で難しいですね。

富山

難しいですね。

矢野

実用新案技術評価書というのは一言でいえば、役所である特許庁が発行する鑑定書のようなものですね。「実用新案は有効ですよ」あるいは「あまり有効ではありませんよ」というようなお墨付きをもらうことができます。

富山

もし私が実用新案権を持っていてほかの人に真似されたことが分かった場合、弁理士に相談するとしたら具体的にどうしたら良いでしょうか?

矢野

はい、まずは富山さんの権利と、その他人が作った似たようなものを我々に見せて説明してください。実用新案権の行使は先日も話したようにリスクがあります。ですので、じっくり対策をねる必要があります。迂闊に権利を行使すると逆に損害賠償を請求されるケースもありますから。

富山

ではいざというときに弁理士は強い味方になってくれるということなんですね。これは頼もしいです。

矢野

一言ででいえば「発明家の知的財産を守る」のが私たちの仕事です。日本弁理士会には無料の相談室がありますのでまずはこちらを活用してください。詳しくは日本弁理士会HPをご覧ください。

富山

矢野さんありがとうございました。

矢野

ありがとうございました。

富山

また次回もよろしくお願いします。
今日は実用新案の話から、実用新案技術評価書を請求することが権利を守るのに有効的だということが分かりました。
今日のこの番組は番組ホームページでいつでも聞くことができます。「弁理士 ラジオ」で検索してください。こちら知的財産相談室、この番組は日本弁理士会の提供でお送りいたしました。また次回をおたのしみに。お相手は、富山幸代でした。

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

生活と知的財産の関わり
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士の仕事 (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

無料相談
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもた弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

知的財産とは
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士とは (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

常設知的財産相談室
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもった弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

こちら知的財産相談室 過去の相談一覧

おしえて!はっぴょん 過去の相談一覧