日本弁理士会ラジオ

ON AIR情報

第36回 12月23日放送

弁理士ラジオ 弁理士会マスコットキャラ はっぴょん

出演 弁理士:加藤肇先生 進行:富山幸代

今週は特許とお金の関係、出願代理ができるのは弁理士だけということを、教えて頂きました。

ラジオトーク

富山

日本弁理士会プレゼンツ「こちら知的財産相談室」の時間です。こんにちは富山幸代です。この時間は日常生活での出来事や身の回りのものを通じて、知的財産の意味や大切さを学ぶ番組です。今週の番組の回答者は日本弁理士会広報センターの加藤肇さんです。

加藤

こんにちは弁理士の加藤肇です。

富山

加藤さんよろしくお願いします。早速ですが今週は「特許権=お金の生る木ではない」そして「特許の出願の代理業務ができるのは弁理士さんだけ。法律で定められているので他業者の甘い誘いには乗らない。」この2つを教えていただきました。

加藤

世の中には勘違いからイメージだけが勝手に独り歩きしているものが多くあります。中でも、この2つは私ども弁理士にとっては頭を悩ますイメージですのであえて取り上げました。

富山

お話を聞いていて私もイメージだけで見ていたなと思います。でも私も弁理士さんと知り合って、正しいものが何なのか初めて知りました。なかなか難しいですよね。

加藤

そうですね。イメージだけでこれは特許が取れるぞ!とか大金持ちになれるぞ!と盛り上がってしまう方、意外と多いんですよ。

富山

想像できます。

加藤

また弁理士以外の業者に頼んだら、思わね落とし穴があったという話も聞きますしね。

富山

今回の私と一緒ですね。

加藤

知的財産はある意味「夢の広がる権利」なので、その分、現実を見据えて基礎をしっかりとしておく必要があります。

富山

確かに夢ですよね。それだけに通常では考えられないような、行動や言動、ハプニングなどが多々あるんでしょうね。

加藤

特許出願というのは出願に色々とお金がかかってきますから、今週の一番最初の話でしましたように、まず製品が売れて自分がちゃんと儲かるというのが分かってから特許の出願をしたいという人がいるんですね。 そういった場合、特許権をとれなくなる可能性が出てきます。特許というのは自分が特許出願をするよりも前に世の中に出たもので拒絶されてしまうんです。なので自分が商品を発売したということで、自分の特許がつぶされてしまう。まさに本末転倒ですね。

富山

なので我々弁理士に相談しに来るときは、なるべく商品を発売する前に来てください。早めの相談です。 商品を発売してしまったからといって、完全に特許が取れなくなるといういうわけではありません。一応、救済措置が設けられていまして、商品を世の中に出してから、例えばインターネットで公開したとか発売したとか、そういうことから半年以内だったら、自分の商品で自分の特許が潰されるということがなくなります。

加藤

ですけど、なるべく早く特許の出願をしたほうがいいと思いますので、とにかく、商品を思いつきましたらなるべく早く私ども弁理士までご相談ください。

富山

話を聞いていますと弁理士さんの仕事には様々な角度からの観察力と分析力が要求されていることが分かります。知的財産は夢を見る扉、夢が詰まっているだけに知識と経験に富んだ弁理士さんに現実面での基礎つくりをお願いするのが一番ですね。

加藤

特許、実用新案、意匠、商標に限らず、それらの活用方法にアドバイスを送るのも大切なことだと考えています。 知的財産について何かあればわたくしたち弁理士に相談して下さい。日本弁理士会には無料の相談室がありますので、まずはこちらを活用してください。詳しくは日本弁理士会HPをご覧ください。

富山

加藤さん一週間ありがとうございました。なお、今日のこの番組は番組ホームページでいつでも聞くことができます。「弁理士 ラジオ」で検索してください。「こちら知的財産相談室」この番組は日本弁理士会の提供でお送りしました。また次回をお楽しみに。お相手は富山幸代でした。

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

生活と知的財産の関わり
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士の仕事 (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

無料相談
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもた弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

生活と知的財産の関わり
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士の仕事 (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

無料相談
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもった弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

こちら知的財産相談室 過去の相談一覧

おしえて!はっぴょん 過去の相談一覧