日本弁理士会ラジオ

ON AIR情報

第2回 2016年10月5日放送

弁理士ラジオ 弁理士会マスコットキャラ はっぴょん

出演 弁理士:中塚雅也先生 進行:富山幸代

日本弁理士会ってどんな団体?

全ての弁理士を統括する日本唯一の団体です。

日本にいる弁理士は全員、日本弁理士会の会員です。日本弁理士会の歴史はとても古く、大正11年に設立されています。

ラジオトーク

富山

日本弁理士会プレゼンツ「こちら知的財産相談室」の時間です。
みなさん、こんにちは。進行役の富山幸代です。
この番組は、普段あまり聞き慣れない「弁理士」という仕事について紹介しながら、知的財産に纏わる(まつわる)事柄を相談できる人が身近にいるといかに心強いか、これを弁理士の方への相談を通して、教えてもらう番組です。
今週の番組の回答者は 日本弁理士会広報センターの中塚雅也さんです。

中塚

こんにちは。日本弁理士会広報センターの中塚雅也です。

富山

どうぞよろしくお願いします。
早速ですが、中塚さん、前回は弁理士という仕事がどんなことを扱っているのかということを教えていただきました。 特許権や意匠、商標などを特許庁に申請し、登録するのが主な仕事なんですよね。とても煩雑な業務だということは分かったのですが、中塚さんが所属しています日本弁理士会というのはどんな団体なのでしょうか。

中塚

はい、弁理士は専門的知識を持った仕事です。これは前回ご説明しましたよね。弁理士会はその弁理士を統括する日本で唯一の団体です。実は弁理士になるには、全員が日本弁理士会に登録しなければなりません。 つまり日本にいる弁理士は、全員が日本弁理士会の会員になるわけです。 歴史はとても古く、大正11年に設立されています。弁理士の育成と向上のために設立されました。

富山

大正11年とはほぼ100年ですよね。ずいぶん重みがありますよね。具体的にはどのような活動をなさっているのでしょか?

中塚

とても幅広い活動なので一言では言えないのですが、最初にまず弁理士の指導監督、知的財産に関する各種研修、研究活動、小学校、中学校高校などへの知的財産特別授業を中心とする各種支援活動、 新聞やラジオを用いた広報活動、実は弁理士会には「はっぴょん」というマスコットキャラクターまでいるんです。

富山

そうなんですね。

中塚

あと専門的なところでは、知的財産権などの価値評価なども行っています。

富山

なるほど。幅が広い分、しかも内容によっては弁理士の皆さんもずいぶん多岐にわたって専門的な知識が必要ですよね。中塚さんは、きっと日々勉強されているのですよね?

中塚

はい。やはりみなさん1つの夢をもって私たち弁理士に相談に来られるわけですから、私たちも誠実に対応するのが使命だと思っています。

富山

素敵ですよね。ではどうしたら、そんな素敵な弁理士さんになれるのでしょうか?

中塚

まずは法律の知識、特許法等の知識は必要になっていまして、弁理士試験という国家試験に合格する必要があります。

富山

弁理士は国家試験、国家資格なんですね。なんだかこう、国家資格と聞きますと敷居が高いような感じがするんですけど気軽に皆さんに相談することは可能ですか?

中塚

私ども、日本弁士会にすぐ相談して下さい。日本弁理士会には無料の相談室がありますのでまずはこちらを活用してください。詳しくは日本弁理士会ホームページの無料相談のご案内というページをご覧いただければいいと思います。

富山

中塚さんありがとうございました。

中塚

ありがとうございました。

富山

また次回もよろしくお願いします。なお、今日のこの番組は、番組ホームページでいつでも聞くことができます。「弁理士ラジオ」で検索してください。 こちら知的財産相談室、この番組は日本弁理士会の提供でお送りいたしました。また次回をおたのしみに。お相手は、富山幸代でした。

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

生活と知的財産の関わり
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士の仕事 (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

無料相談
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもた弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

生活と知的財産の関わり
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士の仕事 (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

無料相談
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもった弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

こちら知的財産相談室 過去の相談一覧

おしえて!はっぴょん 過去の相談一覧