日本弁理士会ラジオ

ON AIR情報

第12回 10月28日放送

弁理士ラジオ 弁理士会マスコットキャラ はっぴょん

出演 弁理士:鈴木一晃先生 進行:富山幸代

日本は世界有数の発明の国なのですね?

日本は世界で3番目の発明大国です

特に、特許にあまりなじみのない個人の方や中小企業の方には、今後、特許権を利用することをぜひ検討してほしいです。日本弁理士会の無料相談にも沢山の方が来られています。

ラジオトーク

富山

日本弁理士会プレゼンツ「こちら知的財産相談室」の時間です。みなさん、こんにちは。進行役の富山幸代です。この番組は、普段あまり聞き慣れない「弁理士」という仕事について紹介しながら、知的財産にまつわる事柄を相談できる人が身近にいるといかに心強いか、これを弁理士の方への相談を通して、理解を解深めていく番組です。今週の番組の回答者は、日本弁理士会広報センターの鈴木一晃さんです。

鈴木

こんにちは。日本弁理士会広報センターの鈴木一晃です。

富山

鈴木さん、どうそよろしくお願いします。

鈴木

よろしくお願いします。

富山

さて鈴木さん、今週はどのような発明が特許権を取得できるのか、特許出願がいかに多いのかといった基本的なことを教えて頂きました。日本が世界有数の発明の国だとは知りませんでした。世界で3番目とは驚きですね。

鈴木

そうですね。日本の特許出願の件数は以前に比べると少なくなっているものの、まだまだ国内でも特許出願されていないアイデアがたくさんあると思います。特に特許にあまり馴染みのない個人の方や、中小企業の方には、今後特許権を利用することをぜひ検討してほしいですね。

富山

特許にあまり馴染みのない個人の方や、中小企業の方だと特許出願に慣れてない方も多いと思います。でも、「特許権が取れるかもしれないぞ」と夢いっぱいの方も多いんじゃないでしょうか?

鈴木

はい。そうなんです。私は日本弁理士会の近畿支部で、発明相談を毎月担当してるんですけれども、新しく思いついたアイデアで特許権が取れないか、ご相談に来られる方が多数おられます。実際に事業されている方が、更なる飛躍を目指して、新しいアイデアを考えたと言って相談にこられたり、まったく新しいことにチャレンジしようとしている方が、ご自身の考えたアイデアで、これから勝負しようと考えて相談に来られたりします。そういう方のお話をお聞きしているだけでこちらも心が躍りますね。

富山

あー。心が躍られるというね、エピソードを何か一つあったら教えていただきたいんですけれども。

鈴木

実は以前ご相談に来られた方の中に、ご自身が考えられた製品について、まあ相談にこられたんですけれども。その方と一緒に今後の事業展開を一緒に考えながら、どのようにまあ特許出願をしていくか、そもそも特許出願をするべきかどうかという所も考えながらですね、一緒に話を進めながらやったことがあります。その時には、結局事業の展開に特許出願が必要だという話になりまして、あの私が特許出願を担当して、結果的に特許権を取得したという形なんですけれども。まあその方の事業もその特許権をまあうまく利用しながら事業を進められていて、でまあ、その改良された製品なんかについても、まあ私が特許出願を担当させて頂いて、まあまさしくその一緒に寄り添いながら歩いているような形になっているかな、と思っています。

富山

それはうれしい出来事ですよね。

鈴木

はい。そうです。大変嬉しかったです。

富山

どういったところで、その鈴木さんのこうやりがい、弁理士としてのやりがいを感じられますか?

鈴木

やはりあの、いろいろ新しいアイデアを考えられて来られて、それをまあどのようにしたらその事業に結びつくかとかですね、権利として使えるかという所を多分あまりご存じじゃない方が多いと思うんですけれども、まあその辺りを一緒にご相談しながらどのようにしたらいいのかっていう最善の道を考えていく所が、すごくやっぱりやりがいを感じます。

富山

なるほど。わかりました。なんかこう、熱意が伝わってくるようなお話でしたけれども、是非頑張って欲しいなっていうふうに思います。期待しています。

鈴木

ありがとうございます。

富山

はい。弁理士というとかなり敷居が高い印象があったんですが、鈴木さんの話を聞いてると、随分と身近に感じられるようになりました。

鈴木

それは嬉しい限りです。何かございましたら、是非私ども日本弁理士会にすぐに相談して下さい。日本弁理士会には無料の相談室がありますので、まずはこちらを利用下さい。詳しくは日本弁理士会ホームページ内を御覧下さい。

富山

はい、ありがとうございます。鈴木さん一週間ありがとうございました。

鈴木

ありがとうございました。

富山

なお今日のこの番組は、番組ホームページでいつでも聞くことができます。「弁理士 ラジオ」で検索して下さい。こちら知的財産相談室、この番組は日本弁理士会の提供でお送りしました。また次回をお楽しみに。お相手は富山幸代でした。

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

生活と知的財産の関わり
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士の仕事 (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

無料相談
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもた弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

生活と知的財産の関わり
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士の仕事 (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

無料相談
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもった弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

こちら知的財産相談室 過去の相談一覧

おしえて!はっぴょん 過去の相談一覧