日本弁理士会ラジオ

ON AIR情報

第7回 10月25日(火)放送

日本弁理士会ラジオ「おしえて!はっぴょん」パーソナリティー藤原麻里菜

出演 弁理士:田中達也先生 パーソナリティー:藤原麻里菜

先生、私の好みの男性のタイプって、分かりますか?

ぼ、僕なんてどうですか?

マッチョな男性が壁ドンしてくれるマシンを作った藤原麻里菜。特許を取りたいけど、、審査に時間がかかるし、もっとお手軽に権利を取りたいな。どうすればいいのかな?

ラジオトーク

藤原麻里菜

「はっ」と思いついたら「ぴょん」と弁理士に相談、「ハイパーおうちクリエイター」藤原麻里菜の「教えて!はっぴょん」のお時間です。この番組はいつか発明王を目指して邁進している「無駄づくり女王」藤原真里菜のアイデアを紹介しながら、弁理士の先生に指南してもらう野望あふれるコーナーです。指南役は日本弁理士会広報センターの田中達也先生です。よろしくお願いします。

田中先生

こんにちは。日本弁理士会広報センターの田中達也です。

藤原麻里菜

こんにちは。先生、私の好みの男性のタイプって分かりますか?

田中先生

好みですか。

藤原麻里菜

当てて下さい。

田中先生

まあ多分イケメン?

藤原麻里菜

まあイケメンて言うのはまずあって。

田中先生

大前提?

藤原麻里菜

大前提としてあって。はい。

田中先生

僕なんかどうですか?

藤原麻里菜

先生はそうですね、先生はちょっとメガネ男子だし、ちょっといいんですけど、まぁやっぱ歳がね、離れてるから。

田中先生

あー。

藤原麻里菜

ちょっとね。すいません、申し訳ないです。

田中先生

いやいや、あの、

藤原麻里菜

はい。

田中先生

お腹はぽてっとして美しいと言う風に言われているんですけどね。

藤原麻里菜

え、でも、ちょっとやっぱマッチョがいいじゃないですか。これから。

田中先生

そうですか。

藤原麻里菜

先生ちょっと壁とか吹き飛ばせないですよね。

田中先生

無理ですねそれは。

藤原麻里菜

うーん、やっぱね、私はね、こうマッチョな男性が壁ドンしてくれるマシンを作ったんですよ。先生、壁ドンの意味分かりますか?

田中先生

いや、壁ドンね。壁ドンやったこと無いんですけど知ってますよ。

藤原麻里菜

お!

田中先生

あのー。彼女の顔に両手を・・壁に押し付けて、両手でドンってやるんでしょ。

藤原麻里菜

そうです、そうです。

田中先生

んでー、顔を近づけると。

藤原麻里菜

顔が近づいてドキドキするってやつなんですけど。ちょっとね、その壁ドンの所をもっと強い感じで強力にしたらドキドキするんじゃないかなと思って。あのー、今度その壁ドンマシンを改造するとしたら、もっと壁が吹き飛ぶくらい強力にして、それを作ろうと思うんですけど、これって特許とれますか?

田中先生

えーっとね。あのー、強力にしなくても、壁ドンっていう装置自体が従来無かったものですよね。だから特許はとれますよ。と言う風に私は考えてます。ただね、特許とるためには、あの審査っていうのを受けないといけなくって、結構時間かかったりする事があるんです。だからもっとお手軽に権利化をしたいって言うんだったら「実用新案」っていう方法があります。

藤原麻里菜

はい、「実用新案」、初めて耳にしました。

田中先生

じゃあ、実用新案についてちょっと簡単に説明しますね。実用新案ていうのは、えーっと、「考案」っていうものについて与えられる独占権なんですけど、対象が特許と違って形のあるもの、構造物とか装置等に限られてます。で、えっと、形が無ければ駄目なんでね、単なる物質っていうのも実用新案の対象にはならない。あと、実用新案と特許の大きな違いなんですけど、実用新案は「無審査」。先ほどお手軽にって言ったのはこの無審査で登録されるっていうところで権利化が早い。そういう意味で使い勝手がいいんですね。ただ、えーっと、権利期間が特許と比べて短くなります。

藤原麻里菜

あ、そうなんですね。

田中先生

はい、特許の場合は出願日から20年だったのが、実用新案の場合は出願日から10年と。

藤原麻里菜

はー、10年。

田中先生

半分になっちゃいます。ただ、えーっと、流行物の商品とか早く権利化が欲しい。権利を欲しいというような場合にお手軽に権利化出来る。と言う点があって、パッケージが早く、あの、なんか権利持ってますよって、

藤原麻里菜

あ、なるほど書けるんですね。

田中先生

いわゆる表示したいあの実用新案登録何番、何番って早く書けるんで。そういう時に活用できますね。

藤原麻里菜

はい、あー、実用新案について分かったんですけど、自分の作ったものが当てはまるのかどうかがちょっと分からないですね。

田中先生

まあ、そういう場合に備えてですね、今、あの日本弁理士会には無料の相談室というのがあるので、そちらをこのお気軽に活用して頂いたらと思います。詳しくは日本弁理士会ホームページをご覧ください。

藤原麻里菜

はい、田中先生、今日はありがとうございました。弁理士さんは私のような発明家にとって強い味方。もっともっと実用新案について知りたいので、もっともっと教えて下さいね。「教えて!はっぴょん」、この番組は日本弁理士会の提供でお送り致しました。また次回をお楽しみに。お相手は藤原麻里菜でした。

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

生活と知的財産の関わり
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士の仕事 (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

無料相談
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもた弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

生活と知的財産の関わり
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士の仕事 (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

無料相談
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもった弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

おしえて!はっぴょん 過去の相談一覧

こちら知的財産相談室 過去の相談一覧