日本弁理士会ラジオ

ON AIR情報

第22回 12月15日(木)放送

日本弁理士会ラジオ「おしえて!はっぴょん」パーソナリティー藤原麻里菜

出演 弁理士:田中達也先生 パーソナリティー:藤原麻里菜

先生、普段どんな生活をしているんですか?

…いたって地味ですよ。事務所にいるときは完全なデスクワークです。

弁理士の普段の仕事の様子を田中先生と中塚先生に聞いてみよう!

ラジオトーク

藤原麻里菜

「はっ」と思いついたら「ぴょん」と弁理士に相談。ハイパーおうちクリエイター藤原麻里菜の「教えて!はっぴょん」のお時間です。指南役は日本弁理士会広報センター所属の弁理士の田中達也さんです。今日もよろしくお願いします。

田中先生

こんにちは。指南役の弁理士の田中達也です。どやこの前の彼氏を発見するマシーンは?

藤原麻里菜

イケメンからナンパされるマシーンですね。ビデオカメラに映る後ろから来る人をスマホで見ていると、前から来る人にぶつかってばっかりで、背中からハンカチを落とすタイミングを逃しちゃうんですよね。

田中先生

そやろ。でもな麻里奈ちゃん、前から来る人の方が後ろから来る人の数よりも多いんちゃうの? そうだとすると、イケメンに合う確率はそのほうが多いよね。

藤原麻里菜

いやー、そこには気づかなかったです。やっぱ弁理士さんは目のつけどころが違いますね。

田中先生

これは職業病かな。

藤原麻里菜

でも弁理士の人って毎日どういう生活をしているんですか? 全然想像がつかないんですけど。

田中先生

華やかそうに見えてるかもしれないけど、いたって地味ですよ。事務所で仕事をしているときは、想像できるように、パソコンを前にして椅子に座ってキーボードをパパパーンと叩いてます。

藤原麻里菜

デスクワーク

田中先生

完全デスクワークですね。

藤原麻里菜

そうなんですね。でも資格さえ取っちゃえば安泰みたいなイメージがあるんですけど。

田中先生

生活の面では、最近は弁理士業界も厳しくなってきてるから安泰とは言えないけど、常に勉強はし続けなければならない。というのは扱っている発明が新しいものなので、

藤原麻里菜

なるほど

田中先生

新しいものじゃないと発明にならないからね。特許にもならないし。それまで知らなかったものがいつも我々のテーマになっているわけでそれが出るたびに勉強しています。 ただ、便利なのはパソコンというツールがあって、インターネットが発達しているので、からないものはネットで調べるという。 あと、弁理士会の会務というものがあるんですけど、この番組に私が出てるのもその会務の一環なんですけど、そういうのをやって人との交流を増やしたりとか、、まあ楽しみながら会務をやっています。 ここに中塚弁理士というゲストが来てくれていますので、彼の生活を聞いてみたいと思います。

中塚先生

はい、中塚です。僕の場合は、お客さんが小さい会社が多いので、ひたすらお客さんと電話してますね。

藤原麻里菜

電話しているんですね

中塚先生

ちょっとしたことを説明しないと分かってもらえないので、ひたすら電話して、電話の隙に書類を作って。 もちろんさっき田中先生がおっしゃっていたように会務も行っていますし、会務を通じて色んな情報が入ったり、弁理士間のつながりができたり、まあ結構楽しく仕事はしています。

藤原麻里菜

新しい情報をずっと入れないといけないという、、大変ですね。

中塚先生

まぁちょっと、、でも楽しく仕事はしています。

藤原麻里菜

そうなんですね。これからも弁理士さんに相談していきたいと思います。

田中先生

色々と発明が出てきたときに、これが特許になるのかどうかとか、よくあるのが大発明を考えているのにそれを大発明と自分で認識できない。そういうこともあるので、こういうときは弁理士会に無料の相談室をおいてありますので、活用してもらいたいと思います。詳しくは弁理士会HPをご覧下さい。

藤原麻里菜

田中先生、今日はありがとうございました。なお今日のこの番組は番組ホームページでいつでも聞くことができます。 「弁理士 ラジオ」で検索してくださいね。「教えて!はっぴょん」、この番組は日本弁理士会の提供でお送りしました。また次回をお楽しみに。お相手は藤原麻里菜でした。

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

生活と知的財産の関わり
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士の仕事 (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

無料相談
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもた弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

知的財産とは
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士とは (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

常設知的財産相談室
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもった弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

おしえて!はっぴょん 過去の相談一覧

こちら知的財産相談室 過去の相談一覧