日本弁理士会ラジオ

ON AIR情報

第15回 11月22日(火)放送

日本弁理士会ラジオ「おしえて!はっぴょん」パーソナリティー藤原麻里菜

出演 弁理士:田中達也先生 パーソナリティー:藤原麻里菜

先生、ポテチは好きですか?

食べるのは食べるけど、手に塩が付くよね~

手を汚さずにポテチを食べられる装置を作った藤原麻里菜。これは画期的な発明! 今度こそ特許を取れるのかな? 田中先生の返答は…?

ラジオトーク

藤原麻里菜

「はっ」と思いついたら「ぴょん」と弁理士に相談。ハイパーおうちクリエイター藤原麻里菜の「教えて!はっぴょん」のお時間です。指南役は日本弁理士会広報センターの田中達也さんです。今日もよろしくお願いします。

田中先生

こんにちは日本弁理士会の田中達也です。麻里菜ちゃーんところで今日はどんな発明かな。

藤原麻里菜

はい。今日も作ってきました。先生ポテチ好きですか?

田中先生

食べるのは食べる。

藤原麻里菜

おっ食べれますか。私ちょっとポテチめっちゃ好きで、いっつも食べてるんですけど。あの問題が1つあって、ポテチってこう手に油が付いてベトベトしちゃうんですよね。

田中先生

そうだよね、塩もつくよね。

藤原麻里菜

塩とも嫌じゃないですか。これが面倒くさいなと思ったので、こちらですね。手を汚さずにポテチが食べられる装置を作りました。これがですね、ドライヤーの風でポテチをこう浮かして食べることによって、手にこうポテチの油が付かないという画期的な発明品になってます。

田中先生

塩もつかないし、油もつかないから、画期的と言えば画期的だよね。でもこう吹き上がってきたポテチを口で受けるのが難しくない?

藤原麻里菜

ちょっと難しいですし、結構ぼろぼろ落ちちゃったりするんですけど、でもちょっとアイデアはいいかなと思ってます。

田中先生

ふむ。アイデアは確かにおもしろい。特許もうまくやれば、いけるかもしれないな。

藤原麻里菜

ほんとですか?ありがとうございます。ちょっとこれ特許を、これで取りましょう先生。

田中先生

でも、これただでは駄目だよ。

藤原麻里菜

ただじゃないんですか?お金取られるんですか?

田中先生

もしもしって言いたいよ。ただなわけないでしょ。

藤原麻里菜

はい。金額がかかるんですか?どれくらい?

田中先生

結構かかるよ。弁理士とか、我々がやっているその代理業をやっている弁理士に払う費用と、特許庁に払う費用っていうのが両方あって、出願から特許が成立するまで合計で言うと、おおよそですよあくまでも。すごく変動しますけど三十万円〜七十万円ぐらいまではかかるかな。

藤原麻里菜

まじっすか。

田中先生

まじよ。

藤原麻里菜

ちょっとそれは出せないですね。何とかなりませんか。

田中先生

何とかね。

藤原麻里菜

お安く。

田中先生

1つだけ、あの良い方法があるんです。

藤原麻里菜

あっほんとですか?

田中先生

知りたい?

藤原麻里菜

知りたいです。

田中先生

実はね、日本弁理士会は出願支援制度って言うのを設けてて。全部というわけじゃないんですけど、例えば個人のちょっと資力に乏しい個人の方とかね、赤字経営している中小企業の方、それとか、特別にあの復興支援っていうのもちょっとやってましてね。あの東北の大震災で打撃を受けて、経営難に陥った企業なんかを復興支援するという意味合いも込めて、設けてる制度なんですけど。弁理士会が費用的に肩代わりしてあげると。上限はあるんですけど、ほとんど、その費用だけで、出願と審査請求っていう特許をうけるためには、特許庁の審査を受けないと駄目なんだけど、そこの費用まで弁理士会で負担するという制度があります。かなりでも条件を満たすのは難しいですけどね。まあ個人の方だったら、住民税を全く払ってないような方は大丈夫。中小企業の方だったら赤字経営してるとか、そういう場合ですね。で、もう一つ条件があって、一応審査するんですよ。支援するに値するかどうか。特許できないような発明を支援してあげても仕方ないからね。だから弁理士会の方で一応審査して、これはに特許なりそうだなっていう判断をしたものについてはお金を出してくれます。

藤原麻里菜

私も特許を審査をパスするような、発明品を作ろうと思います。

田中先生

これにもねやっぱり申請とか、あのある程度の手続きが要りますんで、そんな時は日本弁理士会の無料の相談室があるんで、そちらの相談してもらったと思うんですけど、詳しいことは日本弁理士会ホームページをご覧下さい。

藤原麻里菜

はい、田中先生、今日はありがとうございました。「教えて!はっぴょん」この番組は日本弁理士会の提供でお送りしました。また次回をお楽しみに。お相手は藤原真理菜でした。

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

生活と知的財産の関わり
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士の仕事 (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

無料相談
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもた弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

〝知的財産〟って何?

私たちの身の回りでは、新しいアイディアを備えた新製品が次々と生み出されています。しかし、それらは簡単に模倣でき、価値を奪われてしまう危険性もあります。そこで役立つのが「知的財産制度」。新しい技術や作品、商品名などの模倣を一定期間禁止することで、保護してくれるのです。

知的財産とは
(日本弁理士会HP)

〝弁理士〟って何?

弁理士は、保護したい新しい発明やアイディアが、すでに別の人によって登録されていないかどうかを調査してくれます。そして、特許庁への出願手続きも代行します。特許出願を弁理士に頼むことで、「高い確率で」「手間を掛けずに」「正しい権利を」押さえることができます。

弁理士とは (日本弁理士会HP)

無料知財相談開催中

日本弁理士会では、「特許・意匠・商標なんでも110番」として無料知的財産相談を開催しております。特許・実用新案・意匠・商標の出願手続、調査、鑑定、異議申立、訴訟はもちろん、諸外国の制度や知的財産権全般について弁理士が無料で相談に応じています。お気軽にご利用下さい。

常設知的財産相談室
(日本弁理士会関東支部HP)

中小企業の潜在能力を引き出す!弁理士知財キャラバン

  • 技術力・デザイン力を活かして新製品開発したい!
  • 海外進出したい!
  • 会社・製品知名度を上げたい!

さらに上を目指す中小企業に、コンサルティングスキルをもった弁理士を派遣し、ともに課題を解決し、貴社の業績アップを目指します。

詳細はこちら (日本弁理士会HP)

おしえて!はっぴょん 過去の相談一覧

こちら知的財産相談室 過去の相談一覧